かたづけ隊

ご家庭やオフィスの倉庫・物置きにある不用品でお困りのかたへかたづけ隊。物置や倉庫など、家中を「片付けたい!」と思ってもなかなか手がつけられなくってお困りの方のお役に立ちます!どんな悩みも解決!是非当社にお任せください!

4ステップで簡単便利におかたづけ!

取引基本料金5,000円から+処分費用

申込み→無料お見積り→かたづけ→解決!

※大量取引など、物量に応じて別途搬出作業費が加算される場合もございます。

作業内容例

  1. 住宅、マンション、オフィス、お部屋、物置、倉庫、敷地内の整理
  2. 搬出、物の移動
  3. 衣類受け入れ(濡れている、破れ、汚れている物を除く)
  4. 建屋解体、リフォーム、空き家管理、修繕
  5. 遺品整理

※当社の許認可範囲外の業務におきましては、許可業者へ委託します。

2019/3/30

新生活が始まる春先ならではのご依頼にも対応します!

 

春風の心地よい季節になりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?朝晩の冷え込みはもう少し続きます。

お身体に気を付けてお過ごしください。

 

4月は入学や就職、転勤など新生活がスタートする時期ですが、引越しに伴う不用品整理でお困りの方はいらっしゃいませんでしょうか?当社の『かたづけ隊』は、冬期間手が付けられなかった物置・車庫などの不用品や撤去、引っ越し前後に発生した不用品など、あらゆる不用品整理に対応しています。また、仕分けから対応していますので人手が無くお困りの方は是非ご相談下さい。

 

もちろん、お見積りは無料!是非当社にご相談ください。当社のノウハウを最大限に活かしたサービスをご提供します。


2019/3/30

実際の作業例をご紹介いたします!

 

今回は、お問い合わせの多い事例や実際に作業を行った案件の費用について、一例ですがご紹介をしていきたいと思います。現在、かたづけ隊への依頼をご検討されている方は目安としてご参考にしていただければ幸いです。

 

・アパート(~4階まで)の1室より、廃家電や粗大など一部のかたづけ

御見積額目安 ¥15,000円~¥70,000円

 

・アパート(高層階)の1室全量かたづけ

御見積額目安 ¥150,000円~¥200,000円

 

・2階建て一軒家内全量かたづけ

御見積額目安 ¥250,000円~¥400,000円

 

・一軒家の屋外にある物置等解体撤去作業

御見積額目安 ¥30,000円~¥60,000円

 

ここでご紹介している御見積額はあくまで目安です。

作業場所や廃棄数量など作業環境によってお見積金額に変動がございますのでご了承ください。

 

不用品でお困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。


2019/2/28

引越しシーズン到来!

 

雪解けも進み、最近はすっかり春らしくなってきました。4月の新生活開始へ向けて3月は引越しシーズンとなります。最近では、引越し等で不要になった冷蔵庫、洗濯機、タンス等のかたづけ依頼や冬期間に雪の重みで歪んだり、腐食が進み倒壊の危険性がある物置や車庫の処分についてのご相談が増えております。

 

引越しにあたり、不要になった品物の処分にお困りではないでしょうか?

個人のお客様はもちろんのこと、オフィスや倉庫等のご不用品も当社に全てお任せ下さい。

1人ではなかなか搬出が難しい冷蔵庫等の重量物も当社スタッフが丁寧に搬出を行います。

 

3~4月は引越しや年度替わりで慌ただしい時期となり、かたづけ隊へのご依頼も非常に多くなります。ご依頼が集中することで、お客様のご希望日に作業を行えない場合も御座いますので是非お早目のご検討をお勧めいたします。

 

お見積もりは無料です。

当ホームページもしくはお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。

DSC_0059

DSC_0063

 

 

 


2019/1/31

期間限定割引キャンペーン(~2月末まで)実施中です!

 

昨年のような記録的な降雪がなく過ごしやすい冬ですが、朝晩の冷え込みは厳しくインフルエンザも流行し始めております。皆さん体調を崩したりしていませんか。

 

例年この時期は、降雪の影響で損傷を受けた物置撤去などのご依頼はありますが、3月の引っ越しシーズンや年末の大掃除をする繁忙期とは違って、ご依頼件数も落ち着く時期となります。

現在、弊社のかたづけ隊では多忙な時期に思い切って出来なかった断捨離や不用品処分を応援する『期間限定割引キャンペーン』を実施しております。

昨年末は忙しくて手をかけられなかった方、引越しが始まる繁忙期前にかたづけてスッキリしたい方、大きな家具類やカーペット・家電類など処分に困る物がご自宅にある方等、是非この割引キャンペーンを利用して処分を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

もちろん御見積りは無料ですので、お気軽にご相談下さい。

 


2019/1/31

冬期間ならではのご依頼にも対応致します!

 

スーパーでは節分コーナーが用意され早くも1月も終わりとなりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

お身体に気を付けてお過ごしください。

 

今年に入り徐々に積雪量が増えてきましたが、除雪や排雪でお困りの方はいらっしゃいませんでしょうか?当社の『かたづけ隊』は除雪・排雪のご依頼にも対応しています。ご自宅や店舗の周辺・駐車場等、人手が無くお困りの方は是非ご相談下さい。

※尚、除雪・排雪のサービスエリアは函館市内及び近郊となっております。

 

また、降雪により物置や車庫などが損傷を受け、撤去したいとのご依頼も例年この時期は増加傾向にあります。まずは下見に伺い状況を確認させていただきますので、お気軽にご相談下さい。

 

もちろん、お見積りは無料!是非当社にご相談ください。

当社のノウハウを最大限に活かしたサービスをご提供します。

%e3%81%8b%e3%81%9f%e3%81%a5%e3%81%91%e2%91%a1%e5%86%99%e7%9c%9f

 

 

 


2018/12/29

粗大ごみの搬出もお任せください!

 

昨年のような大雪はまだありませんが、朝晩の冷え込みは厳しくなってきております。

最近ではインフルエンザも流行の兆しが出てきましたが体調管理はいかがでしょうか。

 

今年も残り僅かとなり、年末大掃除の季節がやってきました。

今回ご紹介させていただくのは、大掃除の後にご自身で搬出するには苦労する粗大ゴミやガラス・陶磁器などのかたづけ作業例です。

粗大ゴミに分類される食器棚や不燃ゴミに分類されるガラス・陶器製の食器を一緒に処分されるお話しでしたので、分別作業も含めて弊社で対応させていただきました。

タンスなどの大型粗大ゴミや食器類などは重量物であり搬出作業は大変となりますので、

なかなかご自身だけではご負担かと思います。当社のかたづけ隊は、これまでの作業実績より様々なケースにも対応可能です。

皆様も大掃除の後に処分に困る重量物などがございましたら、ぜひ弊社のかたづけ隊にお気軽にご相談ください。

新年1月~2月末まで、かたづけ隊割引キャンペーンを行いますので是非このタイミングをご利用下さい。

DSC_0166

作業前

DSC_0169

作業後


2018/12/29

ピアノのかたづけもお任せください!

 

今年もあと僅かとなりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

年末でお忙しい時期かと思われますが、くれぐれもお身体に気を付けてお過ごし下さい。

 

さて、今回も『かたづけ隊』にご依頼頂いた案件をご紹介します。

 

先日ピアノ撤去のご依頼をいただきました。ピアノは演奏可能な状態でありリユース品として対応できるため買取させていただき、買取料を搬出作業費に充当させていただきました。

 

ピアノは重量物であり撤去作業は専門の人員が梱包から搬出までを行います。

また、設置場所が2階以上の場合でもクレーン車等の機材を使用して搬出することが可能です。諸条件にもよりますが、1台の搬出に掛かる時間は約2時間程度となります。

 

今回のようにピアノの状態が良く買取できるケースもございますが、そうではなく廃棄品となるケースもございます。

演奏不可能な場合のピアノ廃棄に関しては各自治体でルールが異なるため、一部対応できないエリアもございます。まずは各自治体の窓口にお問い合わせください。


2018/11/30

年内の不用品整理は まだ間に合います!

 

記録的な初雪の遅さと言われていますが、朝晩の冷え込みはすっかり厳しくなり早くもインフルエンザが流行ってきているようです。皆さん体調の方は崩されてはいませんか。

今回ご紹介させていただくのは、今年ご好評頂き継続してご紹介させていただいている漁船処分の中でも、小型船である磯船についてです。

 

近年は道南地区の漁業において主産業となっていた天然コンブ漁ですが、海水温の上昇が影響しているとされ、記録的な不良が続いております。

また、高齢化や過疎化による後継者不足などから、沿岸部では放置船(主に磯船)をよく見かけるようになりました。

 

この度、放置船の処分に悩んでいた漁業協同組合様と協力し、地域における廃船処分の希望者を募り、まとめて当社で磯船の廃船処分をすることとなりました。

漁業地域に設置されている防災無線を利用させていただきながら、地域の漁業関係者に広く周知したところ対象地域で合計25隻の廃船希望があり、廃船予定の漁船を1か所に集めることでトラックの運搬費を安価にし、依頼者様のご負担が軽減できます。

 

どの地域においても漁船を処分することは今後も課題となっていますので、今回ご紹介させていただいたような廃船処分の方法も当社でご提案させていただきます。漁船の大小に関係なく、弊社のかたづけ隊にお気軽にご相談ください。

 

また、昨年は大雪の影響がありましたが、今年は今のところ積雪が遅いこともあり、お陰様で当社の「かたづけ隊」へのご依頼も増加傾向にあります。既に12月上旬までご予約はいっぱいの状況ですが、まだ間に合います!

年内に整理し、新年を迎えたいという方は是非ご相談下さい。

DSC_0210

かたづけ作業後例

DSC_0209

かたづけ作業後例


2018/10/31

引き続き廃船処理のご依頼が増加しています!

 

10月に入り朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが、皆さん体調の方は崩されてはいませんか。今回ご紹介させていただくのは、お問い合わせが増加している廃船の解体処分です。

 

高齢化や過疎化による後継者不足などから漁業従事者が減少、それに伴い使用されていない漁船も増加し放置船をよく見かけるようになりましたが、いざ処分をする際には処分費用がかかります。特に大型船は現地解体作業が伴うため、より高額な処分費用が必要になります。そこで弊社では、提携している業者にエンジンの買取を依頼(状況によっては買取できない物もございます)し、買取代金を処理費用から減額することでご依頼主様の費用負担が少しでも軽減されるよう努めています。

今月実施したケースでは同じ地域での廃船処分依頼でしたので、解体作業費が少しでも安価となるよう2隻同時に解体作業を行いました。漁業が盛んな道南地区では放置船の処分が課題となっています。

当社では様々なケースにより適した方法をご提案致しますので、漁船の大小に関係なく弊社のかたづけ隊にお気軽にご相談ください。

%e6%bc%81%e8%88%b9%e8%a7%a3%e4%bd%93%e7%94%bb%e5%83%8f

 


2018/10/31

物置内の整理や解体もお任せください!

 

朝夕はめっきり冷え込んできましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

風邪が流行り始めるこの季節、くれぐれもお身体に気を付けてお過ごしください。

 

さて、今回も『かたづけ隊』にご依頼頂いた案件をご紹介します。

 

一軒家にお住いの単身者様より、木造物置内の整理と解体のご依頼を頂きました。木造物置は複数箇所の雨漏りや床の抜け落ちがあり、放置しておけば倒壊の危険性もある状態でした。当初はご自身での整理・解体を検討されたようですが、技術的・体力的に難しいとのことでお問い合わせがあり、当社が作業することになりました。今回の設置場所は敷地の奥で重機や車両が進入できないため解体は手作業で行いました。諸条件にもよりますが、5坪程度までの束石基礎物置だと手作業でも1日で解体は可能です。

 

当社の『かたづけ隊』は物置のほか、ブロック塀などの構造物・プレハブ小屋・一般住宅など、様々な解体作業に対応しています。当社スタッフが親切丁寧に対応致します。

 

サービスエリアは函館市内及び近郊、渡島・檜山エリア全域、胆振・後志エリアと広範囲で対応しております。もちろん、お見積りは無料!是非当社にご相談ください。

当社のノウハウを最大限に活かしたサービスをご提供します。

 

 

 

 

 

 

before写真

after写真

ゴミの袋詰めまでOK!即撤去!

引越しする前、引越しの後、粗大ゴミが大量に出る場合がありますのでいつでもご連絡を!

引越し、残りゴミの撤去なら業界最安値!手間は一切要りません。

不用品の処理もすべておまかせ!

大きなものや1人で運べないもの、車庫や物置、または家の中まるごとの片付けなどを行っております。

個人・法人を問わず、柔軟に対応!出張・見積りはすべて無料ですので、お気軽にご連絡ください。

きっとご満足いただけます。

かたづけ隊の意義

平成28年現在65歳以上の人口比率は25%を超え、高齢化現象が進んでいます。地方都市はその傾向が顕著に進み、大きな社会問題と なりつつあります。ライフスタイルの変化もあり、独居老人、空き家問題がクローズアップされています。

我社はこれらをふまえつつ「かたづけ隊」事業を開始いたしました。

地域社会と密接に関わり、お客様目線で「かたづけ隊」事業は我社の企業理念に謳ってあるように「つねに社会にとって必要な事業を 創造しつづける」事を行って参ります。

家の不用品のかたづけをしなくてはならないが何らかの理由で独自では出来ない方、ご家族がいなくなった空き家のかたづけや管理、 解体等様々な案件にお応えして参ります。

我社は長年培ったリサイクルをキーワードに、廃棄しなくてはならないものを資源として再度よみがえらせる事を第一に考慮して 様々な廃棄物に対応して参ります。

ご家庭、倉庫、オフィス、引越し等の不要な家具、調度品、デスク、OA製品、家電製品等様々なニーズにお応えしていきます。

また、空き家を解体したいが費用負担が大きくてできないとお悩みの方に行政も最近解体補助金制度を取り入れサポートし始めて おります。金融機関もローン制度で費用の低減化に取り組み始めました。私共はそれらのお悩みのご相談にも乗れるよう体制を 整えて参ります。私たちはただ単に物をかたづける事を事業として行っていくのでなく、お客様の暮らしをサポートし、資源の 有効利用を通じて社会に貢献できる事業を提案し実現できるよう努力して参ります。

どうぞお気軽にお声をかけていただければ幸いです。

 

※以下のものは法律により回収できません。

工業所有権、著作権、肖像権、名誉権など他人の権利を侵害する物品。

盗品、動物、薬品、医療器具、銃器、弾薬あるいは主として武器として使用される目的を持つ物品。

人体、臓器、細胞、血液等、液体、生モノ、中身の入った缶詰、パック詰め、食品等。

TOPへ