かたづけ隊

ご家庭やオフィスの倉庫・物置きにある不用品でお困りのかたへかたづけ隊。物置や倉庫など、家中を「片付けたい!」と思ってもなかなか手がつけられなくってお困りの方のお役に立ちます!どんな悩みも解決!是非当社にお任せください!

4ステップで簡単便利におかたづけ!

取引基本料金5,000円から+処分費用

申込み→無料お見積り→かたづけ→解決!

※大量取引など、物量に応じて別途搬出作業費が加算される場合もございます。

作業内容例

  1. 住宅、マンション、オフィス、お部屋、物置、倉庫、敷地内の整理
  2. 搬出、物の移動
  3. 衣類受け入れ(濡れている、破れ、汚れている物を除く)
  4. 建屋解体、リフォーム、空き家管理、修繕
  5. 遺品整理

※当社の許認可範囲外の業務におきましては、許可業者へ委託します。

2018/10/31

引き続き廃船処理のご依頼が増加しています!

 

10月に入り朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが、皆さん体調の方は崩されてはいませんか。今回ご紹介させていただくのは、お問い合わせが増加している廃船の解体処分です。

 

高齢化や過疎化による後継者不足などから漁業従事者が減少、それに伴い使用されていない漁船も増加し放置船をよく見かけるようになりましたが、いざ処分をする際には処分費用がかかります。特に大型船は現地解体作業が伴うため、より高額な処分費用が必要になります。そこで弊社では、提携している業者にエンジンの買取を依頼(状況によっては買取できない物もございます)し、買取代金を処理費用から減額することでご依頼主様の費用負担が少しでも軽減されるよう努めています。

今月実施したケースでは同じ地域での廃船処分依頼でしたので、解体作業費が少しでも安価となるよう2隻同時に解体作業を行いました。漁業が盛んな道南地区では放置船の処分が課題となっています。

当社では様々なケースにより適した方法をご提案致しますので、漁船の大小に関係なく弊社のかたづけ隊にお気軽にご相談ください。

%e6%bc%81%e8%88%b9%e8%a7%a3%e4%bd%93%e7%94%bb%e5%83%8f

 


2018/10/31

物置内の整理や解体もお任せください!

 

朝夕はめっきり冷え込んできましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

風邪が流行り始めるこの季節、くれぐれもお身体に気を付けてお過ごしください。

 

さて、今回も『かたづけ隊』にご依頼頂いた案件をご紹介します。

 

一軒家にお住いの単身者様より、木造物置内の整理と解体のご依頼を頂きました。木造物置は複数箇所の雨漏りや床の抜け落ちがあり、放置しておけば倒壊の危険性もある状態でした。当初はご自身での整理・解体を検討されたようですが、技術的・体力的に難しいとのことでお問い合わせがあり、当社が作業することになりました。今回の設置場所は敷地の奥で重機や車両が進入できないため解体は手作業で行いました。諸条件にもよりますが、5坪程度までの束石基礎物置だと手作業でも1日で解体は可能です。

 

当社の『かたづけ隊』は物置のほか、ブロック塀などの構造物・プレハブ小屋・一般住宅など、様々な解体作業に対応しています。当社スタッフが親切丁寧に対応致します。

 

サービスエリアは函館市内及び近郊、渡島・檜山エリア全域、胆振・後志エリアと広範囲で対応しております。もちろん、お見積りは無料!是非当社にご相談ください。

当社のノウハウを最大限に活かしたサービスをご提供します。


2018/9/30

自然災害の影響によるかたづけもご相談下さい!

 

大型台風や記録的な大雨、全道的に停電や断水等の大きく被害を及ぼした地震など、自然災害が続いた9月でしたが、皆さんの生活にも大きく影響し大変なご苦労をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際に停電の影響で家電が使用不可能になりご依頼いただいた案件や、オルガンやエレクトーンなど重量物のかたづけ依頼もありました。

 

今回ご紹介させていただくのは、一般家庭のエアコン設備やスーパー等にある業務用冷凍・冷蔵機器の処分作業についてです。

エアコンや冷凍・冷蔵機器等には、冷却するために冷媒(フロンガス)が使用されておりますが、大気に放出することなく適正に処理することが義務づけられております。

処理方法は一般的に冷媒回収の資格を有する方が冷媒(フロンガス)を回収し、冷媒・機器類の処理はそれぞれ処理許可を取得している業者が行うため、複数の業者が関わります。

 

弊社では、冷媒(フロンガス)回収から機器類の運搬処分まで許可を有しておりますので、ワンストップで対応させていただきます。

業務用冷凍機器類や空調機器類など、冷媒(フロンガス)が含まれる設備の処分をお考えの方は、ぜひ弊社のかたづけ隊にお気軽に

ご相談ください。


2018/9/30

屋外にある資材のかたづけもお任せください!

 

秋の訪れを感じる時期となりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

朝晩の気温差が激しくなるこの季節。くれぐれもお身体に気を付けてお過ごしください。

 

さて、今回も『かたづけ隊』にご依頼頂いた案件をご紹介します。

 

以前酪農業を営んでいた方より、敷地内にある不要資材の処理をご依頼頂きました。広々とした敷地内には農機具・単管・鋼材等、

大型トラック5台分程の鉄くずが点在していました。敷地内は舗装されておらずトラックでは入れない箇所も多いため、ピラニア

バケット仕様のバックホーを持ち込みトラックが進入できるところまで引き出してから積み込みします。諸条件にもよりますが、

今回と同等程度の物量だとおおよそ2日間の作業となります。

 

当社の『かたづけ隊』は、資材置場等屋外の片付け作業にも対応しています。事前の仕分けが困難な場合でも、当社スタッフが

親切丁寧に対応致します。

 

サービスエリアは函館市内及び近郊、渡島・檜山エリア全域、胆振・後志エリアと広範囲で対応しております。

もちろん、お見積りは無料!是非当社にご相談ください。当社のノウハウを最大限に活かしたサービスをご提供します。


2018/8/31

漁船処分のご相談が増加しています!

 

記録的な豪雨や北海道でも梅雨を感じさせる天候が続き蒸し暑い日が続いていましたが、台風が去り、ようやく夏の終わりを感じられる気候になってきました。

 

今回は先月に続いてご相談件数が増加している漁船処分についてです。

コンブ漁などで使用する『磯船』より2m程長く、たこ漁などで使用されることが多い通称チャッカー船と呼ばれる漁船の処分です。

長さが8m以上あり、そのままだと大型トラックにも積込することができないため、処理費用を考慮して今回は現地解体ではなく、現地切断作業を実施しました。

大型のエンジンカッターを使用して、車両に積込できる長さになるよう先端から2mくらいの位置を切断して大型トラックで運搬、当社にて解体破砕処分をしました。

%e5%bb%83%e8%88%b9%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91

%e5%bb%83%e8%88%b9%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

『磯船』や『チャッカー船』・『大型船』など漁船の大きさは様々ですが、弊社では大きさだけでなく周囲の状況等も考慮してより安価に処分できるようご提案させていただきますので、ぜひ弊社のかたづけ隊にお気軽にご相談ください。


2018/8/31

ご実家のかたづけでお困りの方々!

 

ようやく暑さも和らぎ、過ごしやすい気候になってまいりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか?これからは少しずつ朝晩の寒暖差も激しくなってきます。くれぐれもお身体に気を付けてお過ごしください。

 

さて、今回も『かたづけ隊』にご依頼頂いた案件をご紹介します。

 

亡くなられた方のご遺族様より、住宅の中でそのままになっている家財道具の処理+住宅の解体をご依頼頂きました。亡くなられた家主様はご高齢の方で、近郊にお住いの息子様からのご依頼でした。息子様はお仕事の都合で週末だけの対応になるため、必要なものを事前に持ち出して頂いた後、ほぼお住いのままの状態から家財道具の処理+住宅の解体を実施しました。

 

当社の『かたづけ隊』は、不用品のかたづけや遺品整理だけでなく、かたづけ後の住宅解体も併せて承ります。家財道具などお住いの状態そのままからの作業にも対応しており、立ち合いが難しい場合でも状況に応じて、当社スタッフが親切丁寧に対応致します。

 

サービスエリアは函館市内及び近郊、渡島・檜山エリア全域、胆振・後志エリアと広範囲で対応しております。もちろん、お見積りは無料!是非当社にご相談ください。当社のノウハウを最大限に活かしたサービスをご提供します。


2018/7/31

廃船処理が好評です!

 

8月が近づいているというのに、本州の梅雨のようなジメジメとした天候が続いており、

例年とは違う夏を経験し、体調を崩されてはいませんか。

今回ご紹介させていただくのは、昨年から本格的に取り組みを始めている漁船の解体処分についてです。

 

%e5%bb%83%e8%88%b9%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%80%99%e8%a3%9c%ef%bc%92

 

 

一口で漁船と言いましても、コンブ漁やウニ漁で使用する『磯船』と呼ばれる小型の漁船から、イカ釣り漁やホタテの養殖などに使用される大型の漁船など、その用途に合わせて様々な漁船があります。

函館市内や近郊では古くから漁業が盛んでしたが、ここ数年は気候変動による漁獲量の減少、高齢化や過疎化による後継者不足などから漁業従事者が減少、それに伴い使用されていない漁船も増加し、以前より放置船を多く見かけるようになりました。

弊社では、そのような廃船業務も行っており、大型の漁船については重機を使用して現地解体作業まで実施しております。

もし、漁船の廃船処分にお困りの方がいらっしゃいましたら、弊社のかたづけ隊にお気軽にご相談ください。


2018/7/31

不要な書類のかたづけもお任せください!!

 

蒸し暑い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?今年は特別暑い日が続くようです。夏バテ・熱中症等くれぐれも体調に気を付けてお過ごしください。

 

最近、某事業所様よりかたづけのご相談を頂く中で機密書類の処理依頼がありました。基本的に紙類書類の殆どはリサイクルできるものですが、機密性の高い書類等は裁断や焼却を希望される事業所様も多いのが実情です。しかし、自治体ごとに仕分けルール・受け入れ態勢の違い等もあり、どのようにしたら処理できるのか、分かりづらいものです。

 

当社の『かたづけ隊』は提携業者とのタイアップにより機密書類の処理依頼にも対応します。紙種ごとの選別から異物の除去、積み込み・処理施設への運搬、処分証明書の発行まで、当社スタッフが親切丁寧に対応致します。

 

サービスエリアは函館市内及び近郊、渡島・檜山エリア全域、胆振・後志エリアと広範囲で対応しております。もちろん、お見積りは無料!是非当社にご相談ください。当社のノウハウを最大限に活かしたサービスをご提供します。

 

※処理施設への運搬、処分証明書の発行は提携先業者の対応となります。

 


2018/6/30

車庫の解体を実施しました!

 

今回ご紹介させていただくのは、今年の大雪の物凄さを改めて実感することができた鉄製の車庫の分解・かたづけ作業です。

車庫は使用されてはいませんでしたが、造りは骨組みが鉄製のもので外壁となる鉄板もほとんど腐食がなく、しっかりとしたものでかなりの重量に耐えうるものでした。

車庫に大雪が降り積もり、溶けては降り溶けては降りを繰り返すことで、氷と雪の重量が天井部分の鉄板を圧し潰し、それを支える厚い鉄製の骨組みを折る形で、車庫が変形してしまっていました。

依頼があったお宅は緑が多い地域で、天井部分の破損したところからスズメバチが巣を作る可能性があったため、スズメバチの活動が活発になる前に処分したいということでした。

%e3%81%8b%e3%81%9f%e3%81%a5%e3%81%91%ef%bc%93%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0

%e3%81%8b%e3%81%9f%e3%81%a5%e3%81%91%ef%bc%93%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1

%e3%81%8b%e3%81%9f%e3%81%a5%e3%81%91%ef%bc%93%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2

 

分解作業は天井部分と横壁部分の外壁となっていた鉄板を剥がし、残る鉄製の骨組みを弊社の輸送トラックのアームで、慎重に少しずつ取り除いていく作業となりました。

鉄製の骨組みがしっかりとしたものだったので分解作業に時間はかかりましたが、無事に作業を終了することが出来ました。

ご自分でやるには難しい重量物の分解作業や、搬出作業など、ぜひ弊社のかたづけ隊をご利用下さい。

もちろん御見積りは無料ですので、お気軽にご相談下さい。


2018/6/30

遺品整理士の資格を取得しました!

 

当社の『快適ライフサポートかたづけ隊』は皆さまよりご相談いただいたお困りごとを解消する為、日々安心・丁寧なサービスの提供を心掛けております。

最近のご相談事例として、不用品のかたづけだけでは無く、遺品整理に関する案件のご相談も増加してきました。ご家族が遠方に住んでいるなど様々な事情があるかと思いますが、このような遺品整理のご相談にも当社はこれまでご対応してきました。

高齢化や核家族化が社会問題化しており今後も遺品整理に関するご相談は増加傾向にあるかと思いますが、最近では遺品整理業者を装い違法処理や高額請求を行う悪質な業者も増加しております。当社はそのような業者と一線を画す為、この度『遺品整理士』の資格を取得し、ご相談者様により安心していただくよう今後も努めてまいります。

最近は『断捨離』や『生前整理』などの言葉もTVなどで取り上げられ、広く認識されるようになってまいりました。ご家族に迷惑をかけたくないという思いから、体が動くうちに不用品を整理したいという方も増加しているかと思いますので、是非当社までご相談下さい。


2018/6/30

函館市以外のかたづけもお任せください!

 

夏至が過ぎ陽射しが厳しく感じられる季節となりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか?心地よい季節ではありますが、くれぐれも体調に気を付けてお過ごしください。

 

当社は『快適ライフサポート』のサービスを開始してから早いもので2年が経ちました。この2年間たくさんのご依頼を頂き、様々な案件に携わったことでスタッフのレベルも格段に上がりました。今後は更にサービスエリアを拡大し、胆振・後志エリアからのご依頼にも対応していく予定です。

 

特に一軒家まるごとのかたづけや工場・施設・事務所等の大掛かりな不用品処理は、当社の強みを最大限に発揮できる案件です。もちろん、お見積もりは無料!まずは当社までお気軽にご相談ください。


2018/5/31

不動車の撤去もお任せください!

 

運動会シーズンも近づき、子供達の熱気に押されるよう初夏へ向かい暖かくなってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、当社は自動車のリサイクルも行っており、『かたづけ隊』でも不動車の処理に対応して

います。長年放置しエンジンが掛からない車・物置にしていたバスやコンテナ等も、クレーン・トラック等を使用して回収し処理

しています。もちろん、車内の残置物処理も含め対応可能です。

 

当社の『かたづけ隊』はあらゆるかたづけに対応可能です。当社スタッフが親切丁寧に対応致します。

 

サービスエリアは函館市内及び近郊、渡島・檜山エリア全域と広範囲で対応しております。もちろん、お見積もりは無料!

まずは当社までお気軽にご相談ください。


2018/5/31

倒壊した物置の解体を行いました!

 

桜が散り、日中では半袖で過ごせる日があるなど、すっかり新緑の季節となりました。

今回、かたづけ隊の活動の中で、ご紹介させていただくのは、今年の大雪の影響で倒壊してしまった物置の解体・かたづけ作業です。

物置は長く使用されていなかったのですが、その作りは太い柱や梁を用い、倒壊したとはいえしっかりとしたもので、今年の大雪の影響を改めて感じるものでした。

まずは、天井部分と横壁部分の外壁となっていたトタンを道具を使用して1枚づつ剥がし、物置の骨格である柱や梁だけにする作業から始め、露出した柱や梁を1本づつハンマー等で解体していく作業となりました。

使用していた釘も想定していた以上に多く、解体作業に時間がかかったものの、何とか予定時間内に作業をすることができました。

%e2%91%a0%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%83%93%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc

%e2%91%a0%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%bf%e3%83%bc

 

ご自分でやるには難しい解体作業や重量物の搬出作業などお困りの方は、ぜひ弊社の快適ライフサポートかたづけ隊をご利用下さい。

もちろん御見積りは無料ですので、お気軽にご相談下さい。


2018/4/28

ビニールハウスのかたづけを行いました!

 

日中気温も10度を超える日が多くなり春から初夏へと移ろうとしているかのような、とても過ごしやい季節になりました。

とはいえ、朝はまだ肌寒い日もありますので体調管理にはご注意下さい。

 

かたづけ隊の作業で今回ご紹介させていただくのは、長い年月使用されていなかったビニールハウス施設内のかたづけ作業です。

%e3%83%93%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc

%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%bf%e3%83%bc

ビニールハウスは長い年月雨風にさらされたため、ハウスを覆っているビニールに触れると、ボロボロと崩れるくらいに風化した状態でした。

限られた作業期間の中で、天井部以外の剥がれたビニールを除去し、施設内にある残置物を搬出処分する作業内容でした。

天井部以外の高所にあるビニールを剥がし落とす作業、それらの床部分にあるものを集めて搬出する作業と、分けて実施することで作業効率の向上を図り、予定していた2日間で全ての作業工程を終了することができました.

 

4月は冬期間の大雪による影響で個人の方や事業者様から倒壊した物置・倉庫などの撤去や解体のお問い合わせを多く頂いています。物置・倉庫と言っても中にはバスやコンテナ等車両系のものを物置にされている場合もあり、その際は現地で解体せず、クレーン・トラック等を使用して回収することも可能です。

事務所内のかたづけ作業だけでなく、農家様など大掛かりで人数が必要な作業、若しくは複雑で難しい作業などでお困りの際は、ぜひ弊社の快適ライフサポートをご利用ください。

もちろん御見積りは無料ですので、お気軽にご相談下さい。


2018/4/28

少量でもお任せください!

 

すっかり春模様ですね。

GWも近くなってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

お陰様で3月より実施してきた快適ライフサポート割引キャンペーンもご好評を頂き、4月末まで期間を延長致しましたが、その間

たくさんの方にご利用いただき、本当に有難うございました。キャンペーンは残念ながら今月末で終了致しますが、今後も期間限定

イベントを検討しておりますので、宜しくお願い致します。

 

さて、今回ご紹介する作業事例は北斗市内でのかたづけ作業です。

最近では函館市以外の地域からも新聞広告を見てご依頼が増えています。

当社は道南全域でのかたづけ作業も対応できますのでお気軽にお問合せ下さい。

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%b9

 

今回は、長年使用していた和ダンスのみ処分依頼でしたが、このようなタンス1つからでも遠慮せずにお気軽にご依頼ください。

物量に関係なく、少量からでも対応させて頂きます。

また、1度にまとめて処理できない、複数回にわたって処理したいなどお客様のご都合から様々なご要望がございますが、お客様の

ご要望に沿った形で対応したいと思います。

 

今後も是非、当社の「快適ライフサポート かたづけ隊」をご利用下さい。


 

before写真

after写真

ゴミの袋詰めまでOK!即撤去!

引越しする前、引越しの後、粗大ゴミが大量に出る場合がありますのでいつでもご連絡を!

引越し、残りゴミの撤去なら業界最安値!手間は一切要りません。

不用品の処理もすべておまかせ!

大きなものや1人で運べないもの、車庫や物置、または家の中まるごとの片付けなどを行っております。

個人・法人を問わず、柔軟に対応!出張・見積りはすべて無料ですので、お気軽にご連絡ください。

きっとご満足いただけます。

かたづけ隊の意義

平成28年現在65歳以上の人口比率は25%を超え、高齢化現象が進んでいます。地方都市はその傾向が顕著に進み、大きな社会問題と なりつつあります。ライフスタイルの変化もあり、独居老人、空き家問題がクローズアップされています。

我社はこれらをふまえつつ「かたづけ隊」事業を開始いたしました。

地域社会と密接に関わり、お客様目線で「かたづけ隊」事業は我社の企業理念に謳ってあるように「つねに社会にとって必要な事業を 創造しつづける」事を行って参ります。

家の不用品のかたづけをしなくてはならないが何らかの理由で独自では出来ない方、ご家族がいなくなった空き家のかたづけや管理、 解体等様々な案件にお応えして参ります。

我社は長年培ったリサイクルをキーワードに、廃棄しなくてはならないものを資源として再度よみがえらせる事を第一に考慮して 様々な廃棄物に対応して参ります。

ご家庭、倉庫、オフィス、引越し等の不要な家具、調度品、デスク、OA製品、家電製品等様々なニーズにお応えしていきます。

また、空き家を解体したいが費用負担が大きくてできないとお悩みの方に行政も最近解体補助金制度を取り入れサポートし始めて おります。金融機関もローン制度で費用の低減化に取り組み始めました。私共はそれらのお悩みのご相談にも乗れるよう体制を 整えて参ります。私たちはただ単に物をかたづける事を事業として行っていくのでなく、お客様の暮らしをサポートし、資源の 有効利用を通じて社会に貢献できる事業を提案し実現できるよう努力して参ります。

どうぞお気軽にお声をかけていただければ幸いです。

 

※以下のものは法律により回収できません。

工業所有権、著作権、肖像権、名誉権など他人の権利を侵害する物品。

盗品、動物、薬品、医療器具、銃器、弾薬あるいは主として武器として使用される目的を持つ物品。

人体、臓器、細胞、血液等、液体、生モノ、中身の入った缶詰、パック詰め、食品等。

TOPへ